私のシンプルな暮らし

暮らし・物・気持ちをシンプルに。小さな暮らしを心がけています。

安定感のある人、心地の悪い経験

先日とても興味深い記事を見つけた。 「お金を持っていない」と思って生きることにしていますーーベストセラー漫画家になった、矢部太郎の人生観(Yahoo!ニュース オリジナル 特集) ❝旅行はほとんどしない。酒も嗜まず、グルメにも興味がない。新宿伊勢丹の…

40代夫婦ふたり暮らしの買い物の仕方

40代夫婦、子どもはいない、ふたり暮らし。 車無し、保険なし、借金なしで 服や服飾雑貨も頻繁に買わなくなり コロナ禍で会食やお茶会も無くなり これまでの人生で一番穏やかな暮らしだと思う。 買い物すること自体が減っているこの頃の 我が家の買い物の仕…

40代前半の私のアクセサリーについて

日本には「畳と女は新しい方がいい」という言葉がある。 一方、フランスでは「ワインと女は古いほどよい」という言葉があるそう。 私は「ワインと女は古いほどよい」側の思考なので、若い娘が着る服を着たり、若い子向けのメイクを自分もしようとは思わない…

普段使いの食器たち

料理が嫌いで、手の込んだ料理など作らない私だけど、食器は好きで、昔からよく買ってきた。 夫と同棲生活を始める時は、一種類につき4個を買い揃え、2人暮らしなのに、4人暮らし分の食器があった。 それから結婚をして数年経っても2人暮らしから変化がない…

物で武装することをやめた私の3原則

見栄を張らない、誇張しない、自然体でいる これが今の私の心持ち3原則である。 私は自分に自信が無い人間なので つい自分を良く見せようと無理をしたり 見栄を張ったり、誇張したりする癖があった。 プライベートでは「リア充」(← 死語?)な自分でいない…

インナー類のサイクルについて

先日インナー類を捨てた。 ブラを3枚、ペチコート1枚、靴下1足。 ブラは去年のこの時期に買ったもので 1年間3枚(後に1枚加わり)4枚でやり繰りしていた。 「適正な数」が人それぞれあると思うけど 私のインナー(ここで言うインナーはブラとパンツ)の適正…

現在無職の私の心境

私は仕事を辞めて、現在無職。 働かない暮らしをはじめて、およそ3週間。 朝は勤めていた時と同じ時間に起床して、 掃除・洗濯・料理、余暇は読書・散歩・ネット(ブログ執筆)・昼寝をしているうちに1日が終わっていく。 就寝時間も勤めていた時と同じ。 要…

はじめて利用した「仕立て直し」

冬に私を幸せにしてくれる物のひとつが、羽毛掛け布団である。 暖かい布団にくるまっていると、ふんわり、ほこほこ、とてつもない幸福感に包まれる。 その羽毛掛け布団は15年間目にして、中のフェザーが外に出てくる量が増え、側生地に穴が開いている所もあ…

インナーに対する要望

インナーに対して、深いこだわりはない。 それでも ・パンツはお腹ともものつけ根(鼠径部)を締めつけないもの ・ブラはワイヤーなしで締めつけのないもの ・化繊とレースはNG といった具合に要望はしっかりとある。 最近気になることが パンツのもものつけ…

クレジットカードは便利だけど

家計簿を付けることをやめたのだけど 今月は2021年の中間期であるため 先日、総資産額を計算したり 固定費の支出額やカードの支払金額など 大まかにお金の計算をしてみた。 夫はわりとお金のかからない生活をしているが 問題は私。 本を買い過ぎている。 退…