私のシンプルな暮らし

暮らし・物・気持ちをシンプルに。小さな暮らしを心がけています。

お金

ちょっと早い老前整理:お金編

身の回りの整理(老前整理)のひとつとして、お金周りの整理もしている。 私のクレジットカードについては、以前記事にしたとおりであるが、夫のお金周りも整理をした。 うちの固定費(マンション管理費等・水道光熱費・通信費)と税金は、夫の口座より引き…

私のシンプルライフ(ミニマリスト志望)の基礎

「お金」がたくさんあれば何でも買える、何でもできる世の中だけど、自分の時間と労力を削ってまでお金を稼いでも幸せにはなれない。 広い家に住む、数年おきに新型家電・新車に買い替える、週末はレジャー・ショッピングを楽しむ、毎シーズン違う洋服を着る…

クレジットカードとの付き合い方

現在 私が所有しているクレジットカードは1枚。 かつては、銀行系、信販系など複数枚持っていたけど、管理がとても面倒だったし、家計が火の車になる原因にもなっていたので、近所のスーパーが発行しているカードを1枚を作り、他は全て解約した。 このクレ…

「ミニマム・ライフコスト」を

度々ご登場いただく、しぶ さんのご著書『手ぶらで生きる。』 05:月7万円で生活する の冒頭は「あなたは毎月、いくらお金があれば生活できるだろうか?」 毎月かかる必要最低限のコストを「ミニマム・ライフコスト」という考え方があるそうで、ご著書ではし…

ミニマリストが教えてくれたこと

図書館で借りた本、しぶ さんのご著書『手ぶらで生きる。』を読んだ。 私は、こういうライフスタイル系の本はあまり読まないけど、シンプルライフの教科書としてドミニック・ローホー氏のご著書は好きで、何度も繰り返し読む。 このような究極に物を持たない…

成長した?お金の使い方

20代から30代半ば頃までは、お金については暗黒時代だったと思う。 お金を使う理由が、見栄を張るためだったり、自己顕示欲からだったり。 見栄を張る理由は「微妙な人」って思われたくない一心からで、そして、周りの人よりちょっといい物を持っている自分…

キャッシュレス化できない我が家

ネットで「財布」を検索すると、片手で収まるような、カードケースかと思うほどコンパクトで薄型の財布がよく見られるようになった。 ミニマリストがご愛用されている財布も、どれもこれもコンパクトである。 どうやら、小銭を持つことはほとんどないようで…

40代夫婦ふたり暮らしの買い物の仕方

40代夫婦、子どもはいない、ふたり暮らし。 車無し、保険なし、借金なしで 服や服飾雑貨も頻繁に買わなくなり コロナ禍で会食やお茶会も無くなり これまでの人生で一番穏やかな暮らしだと思う。 買い物すること自体が減っているこの頃の 我が家の買い物の仕…

クレジットカードは便利だけど

家計簿を付けることをやめたのだけど 今月は2021年の中間期であるため 先日、総資産額を計算したり 固定費の支出額やカードの支払金額など 大まかにお金の計算をしてみた。 夫はわりとお金のかからない生活をしているが 問題は私。 本を買い過ぎている。 退…

続かない家計簿

筆不精なので、日記も家計簿も続かない。 ブログも毎日更新を理想に掲げているけど 実態は休み休みの更新である。 毎年1月1日を迎えると 今年こそ家計簿を1年間付ける と決意をするのだが、くじける。 お金の収支と残額が合わないし レシートの保管やメモに…

小さな暮らしに必要なお金

車を持っていない ブランド品に興味がない 保険に入っていない 借金はない 人付き合いも多くない 趣味・レジャーと言えば 夫婦の楽しみの週末の外食ランチは 町中華だったりラーメン屋など、 豪華ランチとは程遠いもの。 加えて出不精だから旅行もめったにし…

私がやった家計のミニマム化

お金の暗黒時代を過ごしていた私は 絶えず怯え(家計の破たんや催促など) 絶えず苛立ち(思い通りにいかない家計) 絶えず失望して(お金がない現実) とにかく、お金も精神的にも貧しかった。 そこから自分なにに”暮らし改善”をしたら お金の状況も好転し…

春分の日の後、新しいことを始める

春分の日の後の休日は雨だったので 家にこもってのんびり過ごした。 そこで家計管理……というより 大切な「お金」について それに見合った付き合い方 守り方・育て方について考え直した。 まず、付き合い方。 今の暮らしをもう一段階ミニマムにする。 「貯め…

お金の使いみち

お金に関する黒歴史がある私は お金の使いみちには細心の注意を 払うようになった。 見栄や誇張のような欲望を満たすために お金は使わない。 身分不相応な物(ブランド品などの贅沢品)は 買わない。 どちらも自分の内面を無視して 「モノ」に依存していて…

お金の使い方と私の変化

私は自分の年収を上回る借金を抱え 税金の滞納までしていた黒歴史がある。 当時は、毎月何かの支払いに追われていて 時には督促の電話がかかってきて (↑ 主に税金の滞納に対しての督促) いつも怯えて、精神的にゆとりがなくて。 入った給料はそのまま返済…