私のシンプルな暮らし

暮らし・物・気持ちをシンプルに。小さな暮らしを心がけています。

私が仕事を辞めたわけ

 

私は仕事を辞めることにした

理由は、私の性格に合わない業務が増えたこと

対人関係が上手くいかなくなりはじめたこと

精神的なキケンを感じたので辞めます。

 

ここで「私」という人間について、すこし。

 

・小心者

・完璧主義

・一人反省会を開くことが多い

・時間に追い立てられことが苦痛

・イレギュラー、想定外も苦痛

・大きな音や声のする場所が苦手

・強い光や、においが苦手

・人ごみが苦手

 

f:id:simple-life-diary:20201017095434j:plain

 

「面倒」をてんこ盛りにしたような人間で

それでも、大学を卒業してからこれまで

社会人として仕事を続けることができた。

 

今の職場は、周りの人も他人に不干渉で

ドライなので、居心地は悪くなかった。

 

でも、長く居ればいるほど責任はどっしりと重くなり

自分の性格に合わない仕事も増える。

 

さらに、イレギュラー続出の仕事が増えてきた。

自分が起因するイレギュラーではないのに、対応する期限が短く

時間に追われる状況に精神的負担が物凄く大きくなった。

 

業務がイレギュラーの続出、想定通りにいかないことの連続で

職場が殺伐とし出して、愚痴や不満が漏れ聞こえてくる。

(ここで対人関係が狂いだす)

 

そんな中に身を置いて仕事をしている私も例に漏れず

イレギュラーと想定外の波をかぶり

いつの間にか「ありたい私像」を見失い

「ありたくない私像」を地で生きている私になっていると

気がついた時には、激しく落ち込んだ……。

 

 

「辞めてもその仕事をするかわりはいる

でも、あなたのかわりは誰もいない」

 

この言葉を見て気持ちがスッキリしたのを覚えている。

そして、私自身のおごりにも気がついた。

私は「私がいなくなると仕事がスムーズにいかなくなるかも」

という思い込みを持っていたが、それはおごりだ。

 

そのおごりを捨てたら、さっぱりした気持ちで

退職することができたという顛末です。

 

▽ 応援 よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ