私のシンプルな暮らし

暮らし・物・気持ちをシンプルに。小さな暮らしを心がけています。

クレジットカードは便利だけど

 

 

家計簿を付けることをやめたのだけど

今月は2021年の中間期であるため

先日、総資産額を計算したり

固定費の支出額やカードの支払金額など

大まかにお金の計算をしてみた。

 

夫はわりとお金のかからない生活をしているが

問題は私。

本を買い過ぎている。

退職後、時間はいくらでもあるから

生活の潤い、自分探し、知識を蓄える、など

いろいろな口実をつけて本を買いあさった。

 

私は大型本屋に行って目当ての本を探すのが苦手で

かといって、小型の本屋だと、目当ての本が無かったり

売り切れていたりするので、ネット通販をよく利用する。

 

ネット通販での支払はクレジットカードにしているので

(代引き手数料をケチっている)

後でクレジットの利用明細をWEBで確認して

「うわぁ。けっこう買っているなぁ」と驚くことが多い。

 

私は、欲しい本が4・5冊たまったタイミングでネットで注文するという

ちまちました買い方をしているので

「塵も積もれば山となる」的になるのも原因だ。

予算を立てて計画的に買えばいいのだろうけど……。

 

他、お気に入りのハンドメイド品を密かに買いまくった。

どれも一期一会、これは私の趣味に合う!という物ばかりで

ついつい注文してしまうのだ。

これもネット通販なので、やはりクレジットカード払いである。

 

また、食費(生協の宅配パルシステム)の支払

美容院の支払、出先での支払(主に外食やお弁当、菓子類)も

クレジットカードにしている。

 

クレジットカードは便利だけど、れっきとした「借金」であり、

目に見える形でお金が消えるわけではないので、使ったという実感が薄い

そのせいで、将来の自分に負担と驚嘆をもたらす。

 

こう考えると、私はクレジットカードを持ってはいけない人間なんだと気づいた。

私はネット通販に対しては(安易に買わないよう)注意すること、

買い物の現場ではミニマリストの心持ちで対応することを心がけようと決意したのである。

▽ 関連記事はこちら

続かない家計簿 

 

▽ 本日もお読みくださり ありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ