私のシンプルな暮らし

暮らし・物・気持ちをシンプルに。小さな暮らしを心がけています。

料理嫌いが持っている調理道具

 

現在、私が持っている調理道具をあげてみたい。

なぜかというと、先日の『普段使いの食器たち』で、あれこれあげてみたら「意外に持っているなぁ」とか「これは無くても大丈夫そう」など、新しい気づきがあったから。

 

料理嫌いなので凝った料理や品数を多く作ったりしないくせに、若い頃は道具だけはしっかり揃えていた。

年月が経つにつれ、自分の料理の能力が無く、道具を使いこなせないことに気づき、だいぶ処分をした結果、現在は以下の持ち物で落ち着いている。

 

・鍋(大中小)で3個

・フライパン 20cm 1個

・やかん 1個

・ザル

・耐熱ガラスボウル(大小)で2個

・耐熱平皿 20cm 2枚

・包丁 1本

・まな板 1枚

・菜箸 1膳

・木べら 1個

・シリコンのスパチュラ 1個

・フライ返し 1個

・お玉 1個

・しゃもじ 1個

・味噌溶き用の茶こしみたいなの 1個

・計量スプーン(大さじ・小さじ)各1個

なお、計量カップ(ガラス製)を持っていたが、先日夫が割ってしまった。

うちはシビアに計量して作る物など何もないので、計量カップは無いままである。

f:id:simple-life-diary:20170628141018j:plain

以前、電子レンジで焼き魚ができる陶器の箱(?)みたいな物を持っていた。

魚焼きグリルを使いたくないから、これは便利そうだと思って買ったが、電子レンジで焼いた魚の味や食感は、いまひとつであった。

そのうち、夫が洗い物中の不注意で割ってしまったので、それでさようならした。

他にも、電子レンジで温野菜ができるボックスなどがあった。

これも「便利そう」という動機で買ったのだが、やっぱりきちんと蒸した野菜の方が味が良かったので、いつの間にか棚の奥にしまわれ、いつかの捨て捨て祭りの時に捨てた。

 

調理器具については、「便利そう」と思って買ったけど、使わなくなるパターンが多くあったので、これからは「便利そう」という気持ちだけで買わないよう注意が必要だ。

こうして持ち物を列挙したり、処分した物を回顧してみると、気づきが得られるので、折に触れて続けていこうと思う。 

 

▽ 応援 よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ