私のシンプルな暮らし

暮らし・物・気持ちをシンプルに。小さな暮らしを心がけています。

成長した?お金の使い方

 

20代から30代半ば頃までは、お金については暗黒時代だったと思う。

お金を使う理由が、見栄を張るためだったり、自己顕示欲からだったり。

見栄を張る理由は「微妙な人」って思われたくない一心からで、そして、周りの人よりちょっといい物を持っている自分が微妙どころか「素敵な人」って思われたいという自己顕示欲もあった。

当時の私は、物に依存して自信のない自分を隠し、本当は自信がなく、おしゃれでもない「微妙な自分」に抗っていたんだろう。

そんなわけで、お金は減るけど、物はどんどん増え、借金も増えるという悪循環だった。

f:id:simple-life-diary:20180826170402j:plain

気持ちを入れ替え、ライフスタイルを変えたことで、暗黒時代の遺物のすべてを処分した。

処分した物は、フリマアプリを活用して現金化できた物があった一方で、買った時は高額だったのにお金を払ってゴミとして捨てた物もあるし、リサイクルショップでお情け程度の値しか付けられなかった物もあった。

これまで処分してきた物の買った当時の値段の総額を考えると、家1軒は建てられるのでは?と思い、ひょえ~となってしまったが、使って消えたお金のことをグチグチ言っても仕方ないので、これからを大事に考えようと気持ちを切り替え、今に至る。

 

はっきり言って、今でもお金の使い方はスマートではないと思う。

それでも暗黒時代より進歩したなぁと思うのは、少額だけど寄付を行っていること、他人の喜びのためにお金を出せるようになったこと、だろうか。

時々見栄っ張りな自分が頭をもたげてくることもあるけど、そんな時は「今持っている物で十分暮らせる」と言い聞かせることで、落ち着かせている。

言い聞かせで落ち着くようになったのも、暗黒時代からは成長した一つかもしれない。

 

せっかく自分の手元に来てくれたお金だから、大事に付き合っていきたいと思う。

 

▽ クリック応援が更新の励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

いつも ありがとうございます。