私のシンプルな暮らし

暮らし・物・気持ちをシンプルに。小さな暮らしを心がけています。

モノは人間を幸せにはしない

 

モノがあふれかえり、国民はモノをたくさん持つようになるが、ゴミも多くなる。なぜなら国民はモノを生産し続け、買い続けるから。(中略)人間はそれによって満足するだろうか?

 上記は現在私が読んでいる本『世界幸福度ランキング上位13ヵ国を旅してわかったこと』にある一文である。

f:id:simple-life-diary:20190226081210j:plain

私は物に不自由なく、むしろ物に囲まれて生活していた時の方が満足度が低かったと思う。

自信の無さをモノの鎧でごまかしたり、見栄を張るためにモノに依存したり……。

そういうモノのほとんどはゴミとして処分した。

 

今はあるがままの自分を受け入れているので、モノに依存することはない。

(年の功?かもしれないけど。そういう意味でも年を重ねることは悪いことではない!)

それに物欲がふつふつと湧いた時、「これは無くても大丈夫では?」「将来のゴミになるのでは?」などと考えるので、安易に買うことはない。

 

幸せは自分の心と、信頼のうえに成り立っている人間関係、健康……であり、モノは人間を幸せにしてくれないのだ。

 

▽ ランキング上昇中!応援ありがとうございます。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ