私のシンプルな暮らし

暮らし・物・気持ちをシンプルに。小さな暮らしを心がけています。

音と所作は「静けさ」を意識する

 

マンション住まいをしているが、うちの隣近所は生活音がとてもうるさい……。

玄関ドアを勢いよく締める家、部屋のドアの開け閉めがうるさい家、歩く音がうるさい家、夜中に物干しポールを伸ばす音がする家(← どれも別の家)など、まぁうるさいことうるさいこと。

 

私も夫も音の少ない静かな暮らしを望んでいるので、自分たちの生活音には注意を払っている。

そして、ネコと同居するようになって、静けさにますます注意を払うようになった。

ネコは人間より耳がよいそうで、ちょっとした物音が不快になったり、眠りの妨げになったりするようだ。

ネコを不快にさせたり、または驚かせないよう、ネコが寝ている時は小声で話し、ドアはそっと開け閉めする、物の扱いをいつも以上に丁寧に行う。

f:id:simple-life-diary:20180407091820j:plain

こうしているうちに、「所作」という言葉が頭に浮かんだ。

私はけっして上品な所作ではない。むしろ注意すべき所作がある。

しかし、一朝一夕で直るようなものではないので、他人様を不快にしないように気をつけるのみである。

また、残念な所作だけでなく、音までうるさいと「粗暴な人」とか「がさつな人」と思われてしまい、それは私にとっては避けたいことなので、せめて音だけでも注意を払っている状況である。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

応援ありがとうございます。